加齢臭の原因と対策


中年の悩みで多くの人が気にするのが加齢臭ですよね。よっぽど臭いに敏感でないと、自分自身から加齢臭が出ていることに気がつかない人が多いです。家族や知人から指摘されれば改善するきっかけにはなりますが、臭いに関してはデリケートな問題なので、なかなか周りも指摘してくれなかったりするので、事前に自分で対策を取っておく必要があります。それは男性だけでなく女性にも言えることです。中年世代に入ると、首の汗の量が増え、皮膚のブドウ球菌が汗の乳酸と結びつくことでノネナールという臭い成分を合成し、それが脂が酸化したような、人に不快感を与える臭いを発してしまいます。活性酸素が加齢によって体内に多くなることで、ノネナールを作り出してしまうので、動物性の食品や脂分の摂取を控えたり、汗をこまめに拭き取るなどして皮膚を清潔に保っておくことが、加齢臭の対策となります。