40代が考えるリストラ?転職?起業

不況が続く現代ではリストラというのは他人事ではありません。特に40代のサラリーマンはリストラの対象になることも多く、この年代の方は日々リストラの対象にならないかびくびくした日々を過ごしている方も多いのではないでしょうか。

リストラにあう前に転職しようと思っても40代での転職というのはなかなか厳しいものがあるそうです。35歳が転職のボーダーラインといわれており、35歳を過ぎると求人も格段に減っていきます。たとえ転職したとしても前職よりもいい待遇や年収を求めるのは厳しいかもしれません。

それなら起業してみるのも一つの手ではありますが、起業独立する100人に96人は失敗するのだそうです。ただし、リスクと引き換えにはなりますが、成功したら自分のやりたいように仕事もできますし、心や時間のゆとりも得ることができます。

選択肢は色々あるけれど決断するのは難しいですね。後悔のないようによくよく考えたいですね。