尿路結石の恐怖


尿路結石という病気をご存知でしょうか?尿路結石は、尿路系に結晶が沈着し、石のようになって固まってしまうことで痛覚を刺激し、人が感じる痛みの中でも、最も痛いとされる激痛を伴う病気なのです。尿路の長い男性の方が、女性よりもこの尿路結石になりやすいと言われています。結石は腎臓の中でできて、腎臓内にある時には自覚症状はありません。結石が尿管に落ちてくると、突然腰やお腹に痛みが出て、安静にしていたとしても痛みは治まりません。結石が小さいものであれば、尿と一緒に自然と排出されるのですが、大きいものになると両側の尿管に結石が詰まり、尿が排出できなくなることで尿毒症になったり、結石が詰まった状態で腎盂腎炎を起こしてしまうと、腎臓に膿が溜まって敗血症になり高熱が出て、命に関わる重篤な症状となってしまう危険性があります。

加齢臭の原因と対策


中年の悩みで多くの人が気にするのが加齢臭ですよね。よっぽど臭いに敏感でないと、自分自身から加齢臭が出ていることに気がつかない人が多いです。家族や知人から指摘されれば改善するきっかけにはなりますが、臭いに関してはデリケートな問題なので、なかなか周りも指摘してくれなかったりするので、事前に自分で対策を取っておく必要があります。それは男性だけでなく女性にも言えることです。中年世代に入ると、首の汗の量が増え、皮膚のブドウ球菌が汗の乳酸と結びつくことでノネナールという臭い成分を合成し、それが脂が酸化したような、人に不快感を与える臭いを発してしまいます。活性酸素が加齢によって体内に多くなることで、ノネナールを作り出してしまうので、動物性の食品や脂分の摂取を控えたり、汗をこまめに拭き取るなどして皮膚を清潔に保っておくことが、加齢臭の対策となります。

痛風って?


痛風はよく聞く病気のひとつですが、自分や周りの人が痛風になっていないと、症状などイマイチピンとこないことが多いと思います。痛風は、体内の尿酸値が上がり、足の指や足首、ひざなどの関節に起こる関節炎のことで、風が当たるだけでも痛みを感じるという程激痛を伴うことから、この名前がついたと言われています。痛風は食べ物に含まれるプリン体という物質が、体内で代謝される際に尿酸という老廃物を作り出し、それが体内で蓄積されることで結晶化し、関節やその周辺の組織に沈着していくことで、その結晶を身体が異物と判断してしまいます。異物と判断されると、白血球がそれを攻撃し始め、炎症が起こることで痛みが発生します。また、尿酸の結晶が腎臓の髄質部にできると、腎臓の機能が低下し、腎障害が起こったり、高血圧や糖尿病などの生活習慣病と合併症を起こしやすくなるため、症状が進行すると、多くの臓器に障害が起こってしまいます。