血圧の値にも気を遣い始める年代です。


加齢と共に血管も老化し、もろくなっていきます。なので、中年から高齢者に多い悩みのひとつが高血圧です。今までの食生活や生活習慣の積み重ねで血圧の数値が変わってくるのが、この中年の年頃と言われています。高齢者の3分の2は高血圧となっているので、血圧の数値を気にしながら生活している人がいかに多いかということがわかりますよね。最近では血圧の気になる人向けの健康食品や健康飲料などが良く売れているため、販売されている種類も豊富になってきました。高血圧は合併症も引き起こしやすい恐ろしい病気です。若い頃から気をつけていれば良いのですが、やはり数値が高くなってからじゃないと気にも止めないのが現状です。食べたいものや飲みたいものを我慢して血圧を気にしながらの生活は、辛いものですね。