40代からの口内トラブル

お口のトラブル、、だいたい40代くらいから増えてくる人が多いようです。中年男性はさらに加齢臭などの悩みもあると思いますが、歯周病や口臭も気になる年頃になってくるようです。なぜ40代くらいからかというと、このころからだんだん唾液の分泌がどんどん減少していくからなのです。唾液は、口の中を殺菌してくれたり洗浄してくれる働きがあるのですが、これが減ってしまうために口臭がきつくなってしまうのです。また、飲みすぎなどで肝臓の機能が低くなると、臭いを分解する働きが低くなる為こちらも口臭の原因になるので木を付けましょう。また、歯周病もこのころから増えてきます。ただし、歯周病は歯石が原因であるため、歯医者さんで定期的に見てもらえばこちらは少しでも防げそうです。

 

 

 

 

 

中年男性が夫婦関係を良くする方法

もう結婚して10数年たっている人が多い中年男性。夫婦仲も冷え切っているという人も少なくないはず。

でも本当は良好な夫婦関係を築きたい。。そう思っている方も多いのではないのでしょうか?

少しのコツで夫婦関係をよくする方法はあるんです。

●奥さんを思いやる・・・できているようでできていない人がほとんど。帰ってきたら当たり前のようにご飯が出てきて洗濯されたパジャマを着てって何気ない日常だけど、奥さんのおかげで送れていることちゃんと自覚していますか?何か買ってあげなくてもいいのです。素直に「いつもありがとう」っていうだけで全然ちがいますよ。

●おはよう。おやすみ。をちゃんという・・・喧嘩してしまった日の朝、奥さんをガン無視して出勤。なんてしたらちょっとしたことで喧嘩していても修復するのは難しいです。ちゃんと朝と夜のあいさつはちゃんとしましょうね。

上の二つは、なんでもないようなことですが、なかなかできていない人もおおいのでは?ちゃんと奥さんを思いやって良好な夫婦関係を築いてくださいね。

 

 

40代を男の旬とするには?

西島秀俊さん、木村拓哉さん、福山雅治さん、、、テレビで見ない日はない3人ですが、本当に素敵ですよね。

この3人は3人とも40代。一昔前は40代のひとはオジサンって感じがしましたが、今では10代20代の子まで憧れてしまうような旬の男性ですね。実際かなり年の差で結婚している人ふえていますものね。

男性の旬な時期って最近は40代ではないのかなと思います。

40代の男性は、社会人生活も20年近くになり、仕事も第一線で活躍しているし、人間経験も豊富で心にゆとりがあるし、経済的にも余裕があります。円熟味を帯びているといいますか。そんな40代の男性に惹かれる女性は少なくないわけです。

40代の男性のみなさん、もうオジサンだからとあきらめないでくださいね。

肉体的に老いを感じる、自身がない・・という方はレビトラなどのED治療薬もありますので、青春を取り戻しましょう!

 

 

 

中年男性の離婚の原因

中年男性の離婚、俗に言う熟年離婚というものですね。

よくあるものに「性格の不一致」が挙げられます。

何十年も連れ添ってきたのに今更性格の不一致?とも思われがちですが、何かをきっかけに「あれ?実は違うのかも・・」と突如思ってしまったり、逆に昔からうすうす性格の不一致に気づきかけていたものの気づかないふりをしてここまで来てしまったという人も多いようです。

また中年の方は親が介護が必要な世代です。親の介護が原因で離婚に至るケースもあります。もともと義理の親とうまくいっていなかったお嫁さんが、今後の姑姑の介護を押し付けられるのを恐れてその前に離婚を切り出すというのも少なくないようです。

また最近話題のモラハラというのも多いですね。

中年男性の独り身はけっこうこたえます。

離婚されないように日々心がけもひつようですね。

 

中年男性の浮気事情

すこし前に昼顔妻という不倫をする奥さんのドラマが流行りましたが、中年男性の浮気事情はどうなっているのでしょうか。

もちろん愛妻家で妻だけを愛しているという男性が半数以上ですが、職場だったり、昔の恋人と浮気(ほとんどが不倫、、でしょうか)をしている方が少なくないというのも事実のようです。

中年で社会的地位もお金もあり浮気をするという方ももちろんいるとは思いますが、中年になり、妻や子供に相手にされなくなってしまい心の拠り所がなくて浮気に走ってしまう、仕事など自身がなくなってしまい浮気に走ってしまうというケースも少なくないようです。この場合肉体関係が目的というわけでなく(もちろん肉体関係を結んでしまうケースがほとんどですが)安らぎを求めて・・ということが多いのだそうです。

 

 

中年男性の平均収入と貯金額

サラリーマンの平均年収は国税庁平成25年度のデータによると414万円となっています。世代別でいうと40歳~44歳の平均収入は459.4万円、45歳~49歳の平均収入は490万円、50歳から54歳の平均収入は491万円です。また、貯金額は統計局の平成 25年のデータだと40歳~49歳の平均貯蓄額は867万円、50歳~59歳の平均貯蓄額は1232万円です。貯金額については、あくまでも平均値なので収入については高給与所得者のデータも、貯金額については富裕層の貯金額も全て含まれたものなので実際はもっとさがると思います。

しかし、不況のこの世の中、年齢が上がってもなかなか収入が上がらないことがこのデータからもわかりますね。

 

40代が考えるリストラ?転職?起業

不況が続く現代ではリストラというのは他人事ではありません。特に40代のサラリーマンはリストラの対象になることも多く、この年代の方は日々リストラの対象にならないかびくびくした日々を過ごしている方も多いのではないでしょうか。

リストラにあう前に転職しようと思っても40代での転職というのはなかなか厳しいものがあるそうです。35歳が転職のボーダーラインといわれており、35歳を過ぎると求人も格段に減っていきます。たとえ転職したとしても前職よりもいい待遇や年収を求めるのは厳しいかもしれません。

それなら起業してみるのも一つの手ではありますが、起業独立する100人に96人は失敗するのだそうです。ただし、リスクと引き換えにはなりますが、成功したら自分のやりたいように仕事もできますし、心や時間のゆとりも得ることができます。

選択肢は色々あるけれど決断するのは難しいですね。後悔のないようによくよく考えたいですね。

 

 

40代の仕事の悩み

 

悩みというものは、その人が置かれている
状況や立場によって変わるもの。
特に仕事の悩みは年代によって
変化していくものではないでしょうか?

40代というと、社会に出て一生懸命に
頑張ってきた結果が見えてくる頃です。
とは言え、中間管理職として上からのプレッシャーと
下からの突き上げで苦しい立場であったり、
自分で仕事を抱え込んでしまう状況に
陥ることも少なくないのではないでしょうか。

場合によっては、これまでひたすら走り続けてきたのに、
先行きが見えないことで不安になったり、
燃え尽きてしまう人もいるようです。

また、体力に衰えを感じ始めるのが40代頃であり、
これまで同様にバリバリと時間を気にせずに
深夜まで仕事ができないことが悩みとなってしまうこともあります。

これらの悩みが深刻化する前に、
自分なりのストレス発散方法をみつけるようにしましょうね。

 

 

何歳からが中年?

 

中年って、何歳からをそう呼ぶのだろう?
と思って、辞書で調べてみました。

青年から老年の間の頃を中年というそうです。
一般的に30歳未満を青年、
40歳からを初老と呼ぶそうなので、
30歳~40歳頃までを中年と呼ぶようです。

ただし、最近では国民生活白書では40歳頃~50代後半くらいまでとし、
厚生労働省の資料では45歳~64歳としているものもあるようで…。

これに対して海外の調査報告によると、
53歳からを中年と呼ぶという結果が出たそうですが、
当人である50代の半数以上は
自分が中年であるとは思っていなかったとのこと。

つまり、一概に「この年齢からが中年です」という定義はないようです。
ただ、見た目の老いや実年齢よりも精神的に
老けてしまうことで中年になったと感じる人も少なくないようですよ。